アクセス解析
レンタル掲示板
こっちみんな( ゚д゚ ) ちょっと基本に帰ろう(´・ω・`) 最近危機感薄れてるし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ちょっと基本に帰ろう(´・ω・`) 最近危機感薄れてるし。

でもなんか最近マスクする人増えたね。
暑くなくなってまたするようになったのかな?
わからないけどいい事。

でも夏の間はマスクしてる人見ると目が合って「あなたもあれですか?」「あ、あなたも?」的なアイコンタクトしてたけどそれも減るのかと思うと少し悲しいww

マスクしてる人に声かけたくなる衝動に何度駆られたことかww

さて、本題です。
日本人がドイツで遭遇したお話。
古いネタ帳から拾ってきた。
スマホに切り替えてからこういうネタ帳が出来るスピードが速すぎて・・・orz
このネタもいつか使おうとほうったまま半年使ってなかったorz

スポンサーリンク



四元康祐というドイツ在住の詩人が「現代ニッポン詩日記」というコラムを地方紙に書いているが、その中で今回の原発事故に関して筆者が遭遇したドイツ人の反応が紹介されている。これが3月20日頃。

> ところが数日ほどたって、福島原発の危機が明らかになると、何人かの
> ドイツ人から、あらたまった申し出がなされた。

> 「放射能汚染はいつ爆発的に拡大するか分からない。今のうちに家族・友人を
> ドイツへ呼び寄せろ。うちの別荘や空いている部屋を使ってくれ」

> 彼らは真剣そのものなのだった。
> 大げさだなあ、日本人は落ち着いているよと言うと、答えていわく、極限状況と
> いうものは、ある日突然襲いかかってくるものだ。そうなった時にはもはや手遅れ、
> 身動きとれない。我々はナチスの悲劇を筆頭に、過去の戦争や病疫を通して
> その教訓を痛いほどたたきこまれている。危機感を持って、真っ先に脱出する
> 者だけが生き残れるのだよ。

> それはヒューマニズムとは別物の、情け容赦なき苛烈な生存の原理であった。
> 自然であれ人間界であれ、彼らにとっては命がけで戦い、力ずくで征服すべき
> ものであるらしい。その点私たちは、耐え難きを耐え運命を甘受する。
> 従順な羊の群れのような姿勢が、欧州人には歯がゆく思えて仕方ないようだ。

5月ころか?
日経夕刊コラムでも似たようなこと書いてた人がいたな。
「君の家族・友人・知人をドイツへ呼び寄せてはどうだ?家は広くないが数人ならこれるぞ。」みたいなことを言われて笑い飛ばしたみたいな内容だったと思う。


なぜ日本人の危機意識がここまで低いのか?
ドイツ人の危機意識が高いのか?
考えてみてほしい。

考えてみればさ、今まで四川大地震とかハリケーン・カトリーナとか大災害の映像見てさ。
ふーん、大変だねぇ(イメージはサザエさんとフネがテレビ見ながらお茶飲んでる所でよろしく(^ω^))とか言ってた自分らが当事者になっただけの事なんさね。


ユダヤ人でアウシュビッツから奇跡的に生還したプリモ・レーヴィは
「溺れる者と救われる者」の中で
「なぜ、ユダヤ人達はヨーロッパから逃げなかったのか?」との問いに対して
あなたの身に危険が迫っているとして、すぐさま行った事も無い海外に逃げれますか?と言っているが、正に今の日本人がそう。

だけど、ドイツはそういった戦訓(教訓でもいいが戦訓だな。幾多の血を流して得た戦訓)があるからこそ日本人へ警鐘を鳴らし続けてる。

そうして失敗したいい例がオットー・フランク。
アンネの日記ののアンネ・フランクの父親だ。

これもどっかで書いたな・・orz
逃げるだけのお金も力も時間もあった
にも関わらず、オランダの知人の元にとどまり続けた。
そしてゲシュタポにつかまってアウシュヴィッツに送られて一人生き残る。
喜劇と悲劇は紙一重。

これかな(´・ω・`)?
→→→こぴぺ@移住・避難考えてる方は早急な行動を




ついでにもういっちょ(`・ω・´)

だけども一つ。

有名な詩だから知ってる人も多かろう。



彼らが最初共産主義者を攻撃したとき

ナチ党が共産主義を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった。
ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった。
ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。
ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、それは遅すぎた。



ドイツのルター派牧師であり反ナチス行動で知られるマルティン・ニーメラーによる詩。
彼らが最初共産主義者を攻撃したとき@wiki


この詩は初めて見た時から俺の心のノートに書かれてる(´・ω・`)b

同じ事が今の日本にいえると思うんだな(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン



日本政府と地方自治体が危険厨をフウヒョウヒガイガーと攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、政府の「直ちに影響はない」を信じていたしTVやニュースで安全ですといっていたから何もしなかった。
ついで日本政府と地方自治体は核戦争時の基準値である500Bq/kgで作物の流通を許可し続けた。
私は前よりも不安だったが、安全だから売れるのだろうと思ったから何もしなかった。
ついで子を心配する両親が、むやみに危険を煽るネットが、政府を信じない人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。
日本政府と地方自体はついに日本国民を見捨てた。
私は日本国民だったから行動した――しかし、それは遅すぎた。



うーん。。
うまく作れないな。。
なんかむやみに危険を煽るだけの詩に改変してしまったような気もするorz

俺の言ってる事が全部外れるのが理想なんだよ。
ホントそう思ってる。
だけど命っちゃ一つしかないからねぇ。。

だから、少しでも危機感持ってる人はなんらかの行動をしてほしい。
メールでもFAXでも電話でもいいから、抗議したり意思表示をして行って欲しいと思う。
署名とかも、ね。

なんとかして変えていかないと・・・

基本に立ち返ってみた。
どうも俺は感情をうまくブログで表せないからねぇ。
うまく伝えられてる自信ないわ・・・(´・ω・`)

テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

にゃぁぁぁぁ。

にゃぁぁ。

深刻なお話にゃ。

みゃお理解できたかにゃ?

マンガにできそうな気もするけど、
ちょっと微妙にゃ。

ところで
このかおもじ面白いにゃぁ!
>(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

にゃぁにゃぁ。
プロフィール

Beat

Author:Beat
やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。

(^ω^)いいから自己紹介するお
(´・ω・`)うるせ。ぶち殺すぞ
(;^ω^)サーセン
(´・ω・`)まぁそういうわけで趣味はあんまりないんだわ。
      俺のこと知ってるやつばかりだろうから余計な説明省くわ
      テキーラサービスしてやるからくつろいでってくれ。
      俺は梅酒だけ飲んでるけど気にすんな

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。