アクセス解析
レンタル掲示板
こっちみんな( ゚д゚ ) 東京電力災害補償のコールセンターに電凸してみた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

東京電力災害補償のコールセンターに電凸してみた。

※※ホールボディカウンターで検索してくる人が余りにも多いのでこちらもぜひ※※

ホールボディカウンターは現在日本国内に40数台。
正確には50台弱だったと把握しています。正確な台数を失念しました。すみません。
他記事にも書いてますが基本的には原発など原子力関係施設にあります。
また放医研みたいなとこにもあります。
けど基本的に大学病院等にもおいてません。そもそも放射線被曝の治療を専門に行ってる病院自体がないも同然なので。
当たり前ですけどね。

それと40数台しかないのか・・と暗澹たる気持ちになるかもしれませんが、これでも日本はWBCの数が多いほうです。
99年まではホントに数えるほどしかなかったように記憶してます。
日本でこんなにWBCが増えたのは99年のJCO臨界事故によるものだったと記憶してます。
ちょっとソースとかが見当たらないのですが、記憶間違いでなければそうだったかと。

それでは本題へ。

電話した日 5月25日18時頃

2ch某所で「東京電力災害補償のコールセンター」というものがあり自主避難した人にも保証してくれるって。という書き込みがあったので電話してみることにした。
もしそうなら3月にうちの妹だけでも逃がせたじゃん!!と思ってね。
また今後のことも気になって。

電話はすぐにつながり、出てくれたのは技術者?あがりかと思うようなきちんとした人でした。
マニュアルでの対応とかではないように感じたため東電社員かな?という印象を受けました。

録音等してません。
歩きながら話したためメモも取ってないので不正確な部分や時系列が怪しい部分もありますのでその辺はご容赦を。

スポンサーリンク

東電「東京電力災害補償センター(?)です。」
俺「ちょっといろいろ伺いたいのですが・・」
東電「どういったことでしょうか?」
俺「えーっとですね。まず、どういった人が保障の対象になるんでしょうか?」
東電「現在30km内での避難をされてる方、また計画的避難区域になっている方へ保障の相談を承っております。」
俺「それ以外への保障は?例えば自主的に避難した場合の保証等は?」

ちょっとめんどいので丁寧語抜きでいきます。
東電の方は終始、丁寧語で話してくれて、かつ非常にわかりやすい説明と、回答でした。

東電「現在そういった保障等は考えていない。」

俺「それはなぜか?」

東電「文部科学省の指示に従い保障の方法を検討しており、今後どのように保障の範囲を広げて行くかなど考えたい」

俺「ネットで自主避難した人への保障もするということを言われたというような書き込みを数件みかけたが?」

東電「そういったことは一切していない。」

俺「では、いくつかお伺いしたい。現在の計画的避難区域は年間20mSv以上の被曝が見込まれる地域のはずだがそれは間違っていないか?」

東電「それで間違いない」

俺「現在、低線量長期被曝における健康等への被害への因果関係の証明は科学的に立証が非常に難しい。そういった低線量長期被曝についてどう考えるか?」

東電「それは国際放射線防護委員会というものがあり、そちらでの研究結果では年間100mSVまでの被曝であれば健康に影響がないという指針が出ている」

俺「ICRP?」

東電「はい」

俺「ICRPの指針は内部被曝を考慮していないはずだが?」

東電「その通りですが、文科省よりその方向で行くよう指示を受けている」

俺「わかった。ということは計画的避難区域は20mSv/年で設定しているが、政府も東電も100mSv/年までの外部被曝であれば保障を必要とは考えていないということでいいか?」

東電「そのあたりについては現在文部科学省や政府、関係省庁と話をすすめており今後検討していく課題になると思う」

俺「つまりなにも決まっていない。と?」

東電「申し訳ないが・・これから決めて行くことだ」

俺「例えばの話だが。福島の一部の地域で計画的避難区域の外で毎時3.8uSvを超える地域があることは知ってるかと思う。
  モニタリングポスト等の数字と公表されている3月23日からの積算線量を使えば年間100mSvを下回るかも知れないが、地上1mとか地上数十センチで計測した線量と3月11日から3月23日の線量を合計したら年間100mSvを超える地域もあるのではないか?一般的にホットスポットと呼ばれる地域の話だが。」

東電「現在そういったことも調査を続けているが、基本的には文部科学省の指示にしたがっている。」

俺「では積算線量も文部科学省の公表するモニタリングポストの数字を使用している。あるいは使用するつもりである。という認識でいいか?」

東電「基本的にはその認識でかまわないが今後どうなるかはまだわからない。」

俺「ありがとう。では別な点をお伺いしたい。もし、これはあくまでも仮の話だが、先ほどあなたは年間100mSv以下であれば健康に被害はないと言ったが、数十年後数十mSvでも健康被害を生じる事が科学的に立証された場合の保障はどうなるのか?」

東電「そのような先の事よりも現在は30k圏内と計画的避難区域の方への保障を優先しかざるを得ない」

俺「それはもちろんだと思う。だが、私はまだ20代前半であり、そういったさまざまな論がある中でICRPの論だけを取り上げる東電と文科省の姿勢に納得がいかない。あなたもご存知かと思うが、現在はしきい値説とかそういったものは世界的に主流ではないはずで、今後の研究で因果関係を証明された際、現在の被曝量等を証明できなかった場合はどうなるのか知りたい」

東電「そのようなさまざまな論があるのは知っているが、正直な話数十年後どうなっているのかわからない」

俺「それはもちろんだろう。数十年後、東電が存在するかもわからないだろうし」

東電「その通り」

俺「では、仮にそういった事態に供え(今後低線量長期被曝が健康被害を及ぼすとの証明が科学的に出来るようになった場合に供え)ホールボディカウンター等を受けたいと言う場合はその費用は東電が出してくれるのか?」

東電「現在、そういった話はまったく出ていない。」

俺「それは東電が、か?政府が、か?それとも文科省が、か?」

東電「そもそもWBCの数が足りないし、そういったことをやる余裕もなくそういった指示も出ていない」

俺「WBCが国内に40数台しかないのは知っている。また、先日の衆議院予算会議においても現在、飯舘村等の住民にすらWBCを受けさせるつもりがないと明言していたのも知っている。
  では、もし今後、低線量長期被曝の証明が出来ないものは泣き寝入りをせざるを得ないのか?」

東電「そういった点は現在政府や文科省と話をすすめている。が、一部の住民の健康に関する医療費等の負担の話は出ている」

俺「その医療費の負担の話とは?具体的にどういうことか?さきほど年間100mSvまでの被曝なら健康に影響はないというICRPの基準を持ち出したではないか?」

東電「合理的な理由のある検査への費用や、それに付随する精神的ストレス等への医療費を考えている」

俺「合理的な理由のある検査とはどういうものか?個人的にはWBCは合理的な理由のある検査と認識するが、政府も受けさせる気がないようだが、WBCは合理的ではないのか?」

東電「WBCは国内に非常に数が少なく、もし受けさせるとなれば必然的に数が足りなくなる。なので受けさせたくなくて受けさせないのではない。」

俺「では例えば先ほど一部の住民に対する医療費等の保障と言ったが福島県民が自分で民間の病院で受けたらその費用は出してもらえるのか?」

東電「合理的であれば出すことになると思うしわれわれとしても最大の保障をしたいと考えている」

俺「その合理的か合理的でないかの判断はどこが下すのか?
  例えば現在、飯舘村に放影研が入り無料で健康診断や採血を行っていることはあなたも知ってると思う。
  こういった処置をすでに受けてるものが、再度別な機関等で検査をすることは合理的な検査理由として認められるのか?」

東電「われわれとしては最大限の保障をしたい。
    そのために必要であるならば、ぜひ認めていきたい。
    ただ、そのための財源等の問題もあるし、文部科学省の指示で動いてるため今後、話を詰めていく必要がある。」

俺「わかった。ありがとう。では最後に。
  話を聞いていると文部科学省と政府と東電の単語しか出てこないようだが、住民の健康問題に関わる省庁は厚労省ではないのか?
  厚労省はどう考えているのか?そういった話はないのか?」

東電「すくなくともわれわれは文部科学省の指示の元動いている。ので他省庁の話は聞いていない。
    今後どうなっていくのか正直な話わからない」

俺「わかりました。質問に答えていただき感謝します。」




かなりやっつけで打ち込みましたので誤字とか若干間違ってたりするかもしれませんが、おおむねこんな感じで20分弱ほど話しました。
冒頭に書いたようにきちんとした対応をしていただけたので俺としては満足しました。

ただ、正直今の段階ではなにもきちんと決まってないんだろうな。という印象ももったのと、各機関が独自で動いてるのかな?という印象をもちました。
うーん。。縦割り行政すぎだろjk
もうちょっとなんとかならんもんかね?

あとどうも文科省の力が強い?
なんでこんなに強く関わってくるんだ?

原発に関しては、経産省で、住民の健康被害等は厚労省が動くもんじゃないの?
そこが少し疑問でした。

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Beat

Author:Beat
やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。

(^ω^)いいから自己紹介するお
(´・ω・`)うるせ。ぶち殺すぞ
(;^ω^)サーセン
(´・ω・`)まぁそういうわけで趣味はあんまりないんだわ。
      俺のこと知ってるやつばかりだろうから余計な説明省くわ
      テキーラサービスしてやるからくつろいでってくれ。
      俺は梅酒だけ飲んでるけど気にすんな

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。