アクセス解析
レンタル掲示板
こっちみんな( ゚д゚ ) 外部被曝の積算被曝量の計算方法について+内部被曝について@さらっとおさらい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

外部被曝の積算被曝量の計算方法について+内部被曝について@さらっとおさらい

俺自身のためにも俺的メモで。
数日上に上げておきます。

ちょっと外部被曝の積算量の計算方法や一年後どれくらいの被曝になるのかわからない・・っていう質問というかそういう話を身近な人に何人かからも言われたので軽く載せときます。
いまさらな気もするけどそのいまさらが重要なので。
いままでふつーにどこどこがxxuSv/hでどれくらいでmSv/yとか載せてきて正直すまんかった
正直すまんかった

スポンサーリンク

それではおさらい開始。

まずSv(シーベルト)というのは人間に対する放射線の線量を表す単位。

長さを示す単位のcmとかmとかkmとかみたいなもんやね。

Svのまえにつくのがm(ミリ)u(マイクロ)n(ナノ)です。

んで、現在はほぼすべての情報源で、xxuSv/h xxマイクロシーベルト/時間あたりという発表のされ方をしてる。

まず、この線量は空間線量であることを認識する必要があるわけです。
ま、空中を飛んでる放射線の線量やね。
これを調べて足して行けばおおよその(現在までの)外部被曝量が出せるわけです。

各地の放射線量は、各県や文科省等が公表してるのでそっち調べて今までの外部被曝の線量を計算してみてくださいな(^ω^)

携帯でわかんないよーーー><*は2ch出身の俺には甘えw
そうそう。今年で2ch暦10年になる俺になんか愛の言葉を誰かくださいなんです><*
ま、調べてもわからなければ聞いてくれれば、わかる範囲で調べます。
ただ、文科省のモニタリングポストについては以前も記事書いてますが、高度18~20mくらいで測ってるため実際に過ごす地上での数値とは結構かけ離れてるので注意してくださいなんです><*
→→以前に書いた記事

ちなみに、一目でわかる各地の累積放射線量のヴィジュアルマップはこちら
ただ、これは3/15からの文科省発表の数字に基づいてるらしいので、あんまりあてにしないほうが無難かも?

文科省
都道府県別環境放射能水準調査結果


なんか余計な二文程度入った気もするけど気にしたら負け(・ε・)キニシナイ!!

続いて今後の一年で自分がどのくらい外部被曝するのか?
というおおざっぱな計算をしてみる。
例えば今朝の朝刊に載ってる数字を使ってみます。
東京都新宿区は0.066らしい。
こんな低いわけねーべwwって思いながら電卓を叩きましょうw

まずこの0.066という数字は1時間あたり(h)の数字です。
一時間外にいると0.066マイクロ(μ)シーベルト(Sv)被曝するよーってことね。
一日は24時間なのでこの数字に24をまずかけます。
0.066×24=1.584という数字が出ます。

一日外にいると1.584マイクロシーベルト被曝しますよっていう事。
単位で表すと1.584uSv/dとなります。 dはDayのdね。

この1.584という数字に365を掛けると今後一年分の被曝量が計算できます。(今後一年今の線量が続いたと仮定してね)
1.584×365=578.16  今後一年で578.16マイクロシーベルト外部被曝しますよーってことです。
単位で表すと578.16uSv/y yはyearのy

厳密には部屋の中だと若干放射線量減ったりするのですが(コンクリの建物などで低減係数というものがあるようです)、部屋に入る前にきちんと除染しない限り部屋も汚染されていくので結局部屋も外もたいして汚染量はかわらなくなっていきます。
なので俺はめんどくさいからそのままの線量(外部の空間線量)のまま計算してます。


とりあえず東京と新宿区の線量を0.066で計算しましたが、ユーストリームの新宿リアルタイムガイガーだと0.16を記録してます@5/29AM8:50現在
なので以前の記事の中で書いてるように、文科省発表数字に1.5~6.25をかけて補正して実効線量を求めるのがいいかな?と個人的には思ってる@茨城を除く(茨城は高度1mとかの低高度で測ってるようなので)


まずここまでだけど、これは外部被曝のみです。
また、3月からみて現在までだいぶ線量が落ちてきているので、11年3月から一年後までの正確な外部被曝積算量を求めるためには線量の高い3月の数字を調べて計算しないといけません。
例えば3/15は東京と新宿区で0.809を記録したようです@文科省

この記録が正しいかどうかわからんですけどね。
モニタリングポストの高さも高いしね。
これに補正数字かけて実効線量もとめたら結構な数字が出るだろうし。
そこら辺は小出先生のサンプリングまとめがわかりやすいのでぜひ、一読をおすすめします。
pdfファイルです。 これ読むと結構絶望できますけどね。。
一応興味深い結果が出てます。。
これを読むと小出先生は内部被曝係数を10で計算してるように読めます。

結構めんどくさいですねorz
俺もめんどくさいくらいだから、今度の事故で必死に情報をかき集めてる人は相当大変だと思う。
知らんきゃならんことがいっぱいあるんやもんね。



さて、続いて内部被曝いこう。
( ゚∀゚)o彡°さっさと内部被曝

内部被曝は人によってさまざまです。
線量の高い地域でどれだけの呼吸をしただとか、何をくっただとかで実はかなり違います。
けど、一般的には内部被曝は外部被曝の数値に4~8を掛けるのが一般的なようです。
中部大の武田教授は内部被曝係数を4と言っていたと思います。
外部被曝で1、大気による被曝(呼吸)で1、水からの被曝で1、食物からの被曝で1で合計4だそうですね。
そうそう。武田教授は原発推進派だったはずですが、最近のブログ内容をみてると危険厨にジョブチェンジしてるように見えますww

また、京都大の小出助教は内部被曝は外部被曝の8倍と見るべきだ。と言っていたと思います。
その根拠等はちょっとわからないのですが、現在の食品の流通基準を2000ベクレル(Bq)/kg(一キロあたり)としていることを考えると8でも妥当な気がしてきます。
上で上げたサンプリング見ると内部被曝10で計算してるようにも見えるのですが、ね。

なのでかなりおおざっぱな計算ですが、自分の外部被曝の一年分の積算線量に4~8をかけるとおおよその年間被曝量が計算できると思います。
ただ、ここで忘れてはならないのが、一回放射性物質を体内に取り込むと排出されるまでに相当時間がかかったり、排出されにくいという問題が生じることです。
なので、単純に計算できないのが難点です。
WBC(ホールボディカウンター)という内部被曝を測定する機械もありますが、国内に40数台しかないようですし、一般の人はなかなか受けられないようなので、自分の内部被曝量を測定するのはかなり難しいと思います。
なので内部被曝を防ぐにはホントに自衛するしかないかと。
ホールボディカウンターについて書いた記事
ちなみにこの病院のWBCは南相馬に行っているらしく現在測定できないとか?
コメント欄に書き込んでくれた方がおっしゃってました。
なぜに南相馬に持って行くのか不明ですが・・・
ちょっとあとで時間があれば電話して聞いてみたいと思います。


食べ物の産地に気を使ったり、ミネラルウォーターを使ったり、マスクを使用したりですかね。
今後、関東一円での生活をしていく上での注意点は部屋の掃除・こまめの着替え・洗濯・除染が重要かな?と。考えてる。
実際関東で生活を続けざるを得ない人の方が多いだろう。
ならば外部被曝なんかより怖いのは内部被曝である事をよく知ってほしい。
内部被曝について以前書いた記事


おおざっぱにこんなところでしょうか?
とりあえずここまで書いたけどわかんなければまた質問を。

俺自身はこの一年での被曝量を7mSv~10mSvと見込んでましたが小出先生の数字を使うと14~20mSvになるかもしれないと思ってます(多めにみこんでるけどね。。)
基本的に俺は危険厨から破滅厨にジョブチェンジしたし、破滅厨から軽く達観厨にもなってるので、安全だと信頼に足る事実を自分で探してみるのも面白いかもしれんね。
面白いというよりは安心する材料にはなるんじゃね?
テレビの情報や新聞の情報を信じるもよし。
こういう風にネットで情報集めるもよし。
各人、好きにしてくれお(^ω^)

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Beat

Author:Beat
やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。

(^ω^)いいから自己紹介するお
(´・ω・`)うるせ。ぶち殺すぞ
(;^ω^)サーセン
(´・ω・`)まぁそういうわけで趣味はあんまりないんだわ。
      俺のこと知ってるやつばかりだろうから余計な説明省くわ
      テキーラサービスしてやるからくつろいでってくれ。
      俺は梅酒だけ飲んでるけど気にすんな

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。