アクセス解析
レンタル掲示板
こっちみんな( ゚д゚ ) 日本最高峰の治療を@失われた時と動き出す時の狭間で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

日本最高峰の治療を@失われた時と動き出す時の狭間で

認知行動療法について

メンタルケアの重要さについて。

俺の経歴を知ってる人は多いと思う。
だいぶ減ったけどそれでもまだいる。
ここに来てる人の中でも俺の短い人生の中での波乱万丈な人生を知ってくれてる人もいると思う。
その中で少しだけ話させてほしい。


今度の地震で時間を止めてしまった人はきっとたくさんいるのだと思う。
それはそうだ。
大切な人を失ったりだとか、仕事や家をなくしたりだとか。
きっと阪神大震災の時のように年末に向けて自殺者が増えて行くだろう。
宗教への傾倒者も増えていくだろう。
人間として当然のことなんだと思う。
感情を持つ以上仕方のないことだと思う。

それでも時間を止めないで動かすことをしてほしい。
実際そういった活動をしてくれてる人がいる。
俺にはなにも出来んのがもどかしいんだけど、ここに来た人には覚えておいてほしい。

認知行動療法

スポンサーリンク

そういう治療がある。
今度の地震の被災者だけじゃなくて、身の回りの人につらい体験だとかあったとしたら認知行動療法というものを調べて嫌がらないようにすすめてほしい。

今回の地震ですでに被災地の人々のメンタルケアのために一部の精神科医等が認知行動療法を実践しているそうだ。
ただ、残念な事にひとつ欠点がある。
この治療法は日本でも10人くらいしか専門に修めた医者がいないこと。
また、保険適用になったのがつい最近だったため知名度が著しく低い事。
っていうか知ってる人いねーべ?って言うレベルな治療法。
もうひとつ欠点がある。著しく時間を必要とする事と非常に苦痛を伴うこと。
また、ケアを行う側の医者にも非常な苦痛が生じる事。

こういった理由で日本ではまったくと言っていいくらい使われていないし、知られてもいない。
でも、この治療は絶大な効果がある。
現在、被災地でこの治療を行っている人たちは、日本にいる10人の専門家から緊急にレクチャーを受けて養成された人たちとの事だ。
そういった治療が少しでも功を奏する事を心の底から祈りたい。
大切な人を失うつらさを癒すことの大変さというものを知っているしね。


そもそも人にはメンタル面の自然治癒能力的なものがある。
けど、これは子どもに強く備わっている者で大人になったものや、自制心が強い者ほどこの自然治癒能力が抑制されるっぽい。

例えば今回の震災の揺れ・津波の恐怖
被災地の子ども達は、絵に書くそうだ。
真っ白な画用紙に真っ黒い津波の絵
ぐちゃぐちゃな建物の絵
流される人の絵

知らない人が見たら気持ち悪い絵
書くのをやめさせたくなる絵

津波の話をする子どももいるそうだし、揺れるたびに地震?逃げるの?と聞いたりする子どももいるようだ。

大人たちはそれをやめさせようとしたりする人がいる。
けど、やめさせないでほしい。
子ども達が自分の体験を吐き出して消化して受け入れるために必要な作業だから。

大人はそういった吐き出し方のできない人が多い。
それはそうだろう。そう簡単に吐ける人がいるもんか。
だからそういう人には認知行動療法をすすめたい。
本当につらく、苦しく、長く、それこそやめたくなるような治療が続く。
でも止めた針を動かすのには絶対に必要な治療だ。そう思う。

人に依存するのもいいだろう。
宗教に依存するのもいいだろう。
ガレキの片付けとかに没頭するのもいいだろう。
けど、依存は時計の針を動かせない。没頭は消化につながらない。 つながる人や針を動かせる人もまれにいるけどね。



さて、ここから俺の話。
興味ない人が多いだろうから読み飛ばすことをすすめたい。

俺は16までとてもとても長い事、時計の針を止めてきた。
うーん。正確には時計の針を止めてたわけじゃないんだけど・・
なんつーのかな。感情がなかったんだな。
6歳の頃になんちゅーか普通の人が体験しない体験をしたんだけどそこからの10年がすごく長くてね。
ちゃんと16まで歩いてきたんだけど、その間たくさんの自分を殺してきたというかなんちゅーのか。
殺したわけじゃないんだけどなぁ。なんだろうなぁ。あれは。
自分は動いてるんだけどなんか時が止まってるんだよなぁ。


だけどそれは自分が6歳から16までのガキだったから動いてることも自覚できただけで、20代も後半に移り変わろうかという今同じ体験をしたらきっと時計も自分も止まるんだろうなぁと思うよ。

そして運命の16歳
俺は運がよかった。止まってた時計というか体を動かしてくれた人がいた。
その人が俺にしてくれたことが認知行動療法だった。
本当に運がよかった。
正直な話をすれば俺は実験体だったと思う。
その人は医者で16~17まで世話になったんだが。
ある時、外国で認知行動療法のことを聞いてくる。
きっと験してみたかったんだろう。そして俺はちょうどいい被験者だった。
これほどいいと思える被験者はないだろうっていうくらいいい被験者だったはず。
その頃の俺はすごく捻じ曲がってたし、ね。
抱えきれないものを抱えて、なのにそれを離す事を許されずちゅー生活してたからね。

ただ、いろいろと制限のある中での治療ではなかった。
なので完全な治療はできなかった。
だけど、その人のおかげで俺は少しだけ歩けるようになったわけだ。
いわば新たな誕生やね。

俺は人が嫌いだった。
っていうか多分今でも嫌いだわ。
コミュニケーション障害っぽいとこあるし。
そうこうして17歳。彼女と出会うわけです。
でもその頃の俺は触られたりすんの嫌いだったんだよなぁ。
動けるようにはなったけどまだ走れない状態だった。

でもなんとかかんとか走れる状況に彼女がしてくれたんやね。
19から少し時間がまた止まっちゃった気がするけどそれでものろのろ歩いてきたし、ね。
なんだかんだ歩けたのは彼女がいてくれたからなんだろうな。と思う。


本質的には俺は人が嫌い。
ホント嫌い。
そん中でも女が嫌い。
だから彼女ともし別れる事があったら女と付き合うとか結婚とかもおそらくないだろうな。と確信してます。
よっぽどの事がない限りね。

うん。本質的には人が嫌いなんだけども、それでも少し人を好きになれたのって彼女のおかげだと思うんですよね。
きっかけは認知行動療法っちゅー治療だったんだけどもね。
だけどきっかけのあと俺を動かしてくれたのは彼女なわけです。
コミュ障な俺とよく付き合えたなーって今思うと思います。
うん。ないわ。俺なら別れてるな。と思います。
われながらよくここまでこれたなぁとちょっと感慨深いもんがあるわ。

でもやっぱり本質的に人は嫌いなわけで。
その根っこって6歳から見てきたものなんだと思うんだよね。
いろいろみてきたと思う。短い人生の中で。だけどもっともっと見ていかなくてはならんのだよなぁ。と思うとうっとおしくてかったるくてしゃーないんですな。うん。
アルコールに溺れる人や、男に溺れる人や、宗教に溺れる人や、よくわからんサークルに溺れる人やなんやかんや一杯見てきたわけです。

動き出すきっかけをもらった後、たくさんの人に出会ってたくさん話を聞いてみたりもした。
どれもこれもとても面白い話だった。
俺の根っこってのはとんでもなく黒いというか暗いんだと思うんだけど、きっかけをもらった後に知った世界があまりにも明るくてびっくりした。
もうとんでもなくいろんな人がいた。
うん。いろんな人と話したりして知った事はやっぱり俺、人嫌いだわー。ちゅーことだった。
というかめんどくさいんだね。うん。
まぁその概念も最近ぶち壊された気がするけど。


俺は正直な話をすれば自分の子どもがほしいとは思ってなかった。
子どもなんて育てる自信ねーし、俺とおんなじ人生ループさせるの怖いしね。
普通に考えてさ、人間はというか生物は子孫を残していかなきゃならん。
なぜか知らんけど。少なくともそういうシステムになってる。それこそドラクエでゆうしゃがLvを上げて魔王を倒さなきゃならないと決められてるように。
村の入り口に立つ村人が「ここは××の村だよ」としか呟けないように。
そういうシステムになってる。

けどそういうシステム放棄してもいいや。というかシステムどおりにやっていける自信がないんだわな。
今でもないけど。
んでも、最近は少し子どもほしーなぁ。とか思うわけですよ。
同僚のガキんちょ見てたりするとやっぱかわいくてね。
先日も従姉妹の子ども見たんだけどやっぱりかわいーんですよ。
ほっぺたぷにぷにでさ。
他人の子どもや親戚の子どもであんなにかわいーのに自分の子どもだったらきっともっともっとかわいーんだろーなぁ。って思うわけ。
だけどそういう思いにいたった時フラッシュバックが起きるわけよね。
なんでだろうっていう疑問がわいてくる。それこそとめどなく。なんでだろうって。

うん。ここが俺の治療の失敗点と言うか時間とかの制限が厳しくて治せなかった点。
残念な事に。

こればっかりはなぁ。
彼女と協同で克服していくしかねーんだろーなぁ。
もっともこの原発問題で子どもなんてほしくても難しくなっちまったけど。

まぁ今はそういった現実的な話はやめておこう。

ただ、俺を治療してくれた人には短い時間だったけどたくさんしゃべったわけですよ。
俺の止まってた10年っていう時間を。
厳密にはしゃべったわけじゃないけどね。ほら、俺しゃべるの嫌いだし。

そこで言われたのはこういうことなわけですよ。
過去記事で消去済みのやつから引用しましょう。

「少なくともあなたは伯父・伯母という人たちのことを知っている。
まったくしらないわけではないのだから大丈夫だ」

少し編集してもうちょい引用しようか。
数年前の俺の考えが如実に出ていて面白い。

>俺には理想の家族。というものがひとつあったということを、家族について考えてるうちに思いだした。
>母の姉の家族。
>母の姉の家族というものはものすごく俺にとっての理想なんだと思う。
>小さいころから年に1~2回泊まりに行っただけだけど、今思うとものすごく理想的だった。
>当時は、怒るおばちゃんや、おじちゃんが疎ましく感じることさえあった。
>今思うとそれは決して自分の子供と分け隔てなく接してくれたからなんじゃないか?と思う。
>中学時代、不登校だったときとか、おじちゃんが俺に説教をしたこともある。
>学校を行かないことにたいしてではなく、学校行かずになぜぶらぶらするのか?
>おばあちゃんにつらくあたるのは何故か?とかそういった説教だ。
>高校にあがったときもやっぱり説教された。
>やりたいことがないなら見つけろよ。と。
>どっちも30分くらい正座で説教された。
>説教されてる最中、おばちゃんも隣で黙って座ってた。
>説教されてる間足を崩そうとしたときにおばちゃんが「足崩してもいいよ。」といってくれたけど次の瞬間おじちゃんが「ダメだ。人の話を聞くときはきちんと正座して聞くもんだ」と静かな渇を入れた。

>おじちゃんもおばちゃんもものすごくまっすぐな人で目を見るのがすごく怖かった。
今でも多分怖いと思う。
>心のそこまで見透かされてしまいそうな目。

>ああ、いとこたちはこういう人に育てられてるんだな。と思うと当時の俺は「やかましい親で大変だな( ´_ゝ`)」くらいに思ってた記憶がある。
>家族とはいったいなんなんだろうか?
>家族らしい家族を知らない自分がきちんとした家族を作れるのか?


結局のところって答えってここなんだよね。
7年以上かけて得た答えってのがここにあってさ。
数年前の俺はそれすら見えなかったんだろうなぁ。

つい先日俺は数年ぶりに伯父の家に行ったわけですよ。
群馬行ってくるわって妹に連絡したら妹にひとつ問われたわけです。
「自分の親すら大事にできないのになんでおにぃが伯父ちゃん伯母ちゃんって言うのか私にはわかんないよ」って。
上の引用文は答えにならないかも知れんのだけど俺なりの答えがそんなかにあるわけなんですよ。

でもさ、この答えに意味がないちゅーのを俺は群馬行ってよく理解しちゃったんだよね。
我が妹は我が妹で答えを見つけてるみたいだけど俺と解が違うのは当然なんだわ。
きっと俺より我が妹のほうが自立した人間なんだろうなと思う。


結局、群馬行って俺はひとつ答え見つけてきたわけですよ。
自分自身のかけらを拾ってきたって言うのかね。
俺自身を形作るファクターを拾い集める作業をしようかと思うっていう話をさ、友人にしたわけですよ。
したら友人は言うわけですよ。
友「君自身のルーツを辿って行くわけだね」と。
ほぅ。うまい事言うなぁと俺は感心したね。
ルーツか・・って考えたら暗澹たる気持ちになったけど。

そういったファクターを群馬で拾う事が出来てですね、彼女にたくさん話したわけですよ。
もうね。ボロ泣きしましたよ俺は。
彼女がよしよしってしてくれてなんかもうね。アホかと。
んでも、こうやって乗り越えて行くしかないわけですよ。
ファクターはしょせんファクターでしかなくてルーツを覆すまでは出来なくて、結局追体験による上書きでしかルーツをリライトできない。
だからこそルーツを辿るっていう言葉で暗澹たる気持ちになったんだけども。

でも、泣きながら、あぁこうやって人ってのは助けられるんだなぁって思ったわけで。
俺と彼女の関係ってたぶん2人3脚じゃないんだよね。
どっちかがおくれたらどっちかが引っ張って押してやってってのを繰り返してここまで来たのかな。と。
んで今は俺が遅れてて引っ張ってもらってんのかな。と。
よくわからんけどね。

彼女にはめちゃくちゃ感謝ですな。
たくさん不満ありましたよ。ええ。
たくさんの人に愚痴りました。
ここ読んでる人にもたくさん愚痴ったわ。
んでも、なんとかかんとかここまでこれたしね。
あとは二人三脚できるようにするだけかね?

でも本質的に俺は人が嫌いだとやっぱり思う。
意外とコミュ能力あるじゃんとは思ったけど人苦手だわ。
耳が聞こえにくいからってのも大きいかな。
でも、まぁいいや。彼女が耳代わりになってくれるし。
人嫌いな俺に付き合ってくれるし。
ま、彼女も人見知りなんですけどね。

そんなこんなで今はとりあえずなんとか彼女を長生きさせたい。
精一杯長く生きてほしい。


ちょっとだけ書くつもりがめちゃくちゃ長くなってしまった。
うん。書くと長くなるね。
でもこれ最終的にお蔵入りしそうだな。
とりあえず月末近くまで公開してあとは削除。かな?
なんか恥ずかしいしね。

俺はとにかくついていたと思う。
認知行動療法受けられたことと彼女に出会えた事。

まだまだ考え方ってきっと変わっていくはず。
どう変わるかわからんけど。
数年後またこれを見て俺は何を思うのか少し楽しみではある。
泣くのか笑うのか怒るのか照れるのか。

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Beat

Author:Beat
やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。

(^ω^)いいから自己紹介するお
(´・ω・`)うるせ。ぶち殺すぞ
(;^ω^)サーセン
(´・ω・`)まぁそういうわけで趣味はあんまりないんだわ。
      俺のこと知ってるやつばかりだろうから余計な説明省くわ
      テキーラサービスしてやるからくつろいでってくれ。
      俺は梅酒だけ飲んでるけど気にすんな

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。