アクセス解析
レンタル掲示板
こっちみんな( ゚д゚ ) モルヒネを与えられなかった少女の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

モルヒネを与えられなかった少女の話

NEWSポストセブン

 1986年4月26日、旧ソ連・チェルノブイリ原子力発電所第4号炉が爆発、放射能雲がヨーロッパ中を覆った。13万5000人が移住を余儀なくされた原発30km圏内の町や村は、25年後の現在も廃墟と化したままだ。事故直後から現地を取材し続ける、DAYS JAPAN編集長でフォトジャーナリストの広河隆一氏がチェルノブイリの真実をレポートする。

 * * *
 チェルノブイリ事故当時、タチアナ・ルキナは、原発から4km離れたプリピャチ市の自宅のベランダから、チェルノブイリ原発の火災を見た。そのことを彼女はその後長く悔やむことになった。当時タチアナは妊娠していたのだ。

「なぜ私はおなかの中の赤ちゃんを放射能にさらすようなバカなことをしたのでしょう」と彼女は涙を浮かべながら何度も繰り返す。

 事故から3年後、そのときの赤ちゃん、アリョーナには、血液の病気が見つかっていた。事故から23年経ったとき、アリョーナには腫瘍をはじめ、体中にさまざまな病気が見つかっていた。事故処理作業をしていた彼女の父親は、寝たきりになっていた。

 ガリーナもまた、プリピャチ市で暮らしていた女性だ。事故直後にバスで避難するとき、生まれたばかりの娘に飲ませる哺乳瓶の口を洗わなかったこと、瓶を開けたままにしていたことを思い出す。後悔しても後悔しきれないのだ。娘は10年後に甲状腺の病気を発症したのである。

スポンサーリンク

 事故が1986年4月26日未明の1時23分に起こったとき、最初にチェルノブイリ原発から吐き出されたのは放射性ヨウ素だった。自然界ではヨウ素は海藻などに多く含まれ成長ホルモンを分泌する甲状腺の栄養分となる。

 しかし核爆弾や原発事故によって生成される放射性ヨウ素と、栄養になる自然のヨウ素の違いを、人間の体は見分けられない。放射性ヨウ素を体のためにいいものだと錯覚して、積極的に取り込んでしまうのだ。こうして甲状腺が位置するのどが被曝し、数年後にはがんの発生が始まる。

 がんが甲状腺にある間に見つかれば、甲状腺を取り除く手術を行い、そのあと毎日薬をのめば、事なきを得る可能性が高い。しかし発見が遅れたら…。がんは体中に転移し、ときには脳までをも侵して命を奪う。そのようにして事故から10年以上あとに、子供たちが次々と亡くなっていったのだ。

 事故から10年後、14才のターニャに会ったとき、彼女はもう医師から見放されていた。激しい痛みに悲鳴を上げていた。彼女は発症するまで女優になるのが夢だった。

“いまいちばんほしいものは何?”と私が尋ねると、「モルヒネ」と答えた。14才の少女は、「ほしいものはモルヒネ」と答える残酷な状況に追いやられていた。

 しかし病院は痛み止めのモルヒネを与えないという。なぜなら「薬は病気を治すためのもので、その可能性のない子に与える薬はない」と医師はいうのだ。ターニャはその2か月後に死んだ。


モルヒネを与えられなかった少女。
どれだけ苦しみながら死んでいったんだろうか。
医者の言う事は間違っているだろうか?
間違ってないんだろう。
例えば救急医療の現場でトリアージというものがある。
被害者が多い救急の現場とかで助かる可能性の高い者を識別してそういった人から搬送を始めることだ。
いわば最大数幸福の概念を実現させたようなもんでもある。
もともとは戦場で助かる可能性の高い者から生かしていく野戦病院的なやり方だろうか。
薬に限りのある野戦病院等では助かる者にだけ薬を与える。
助からないものに薬はあげられない。当然の判断だと思う。人道的ではないかも知れないが戦いは勝つために行うもんだ。
負けたらそれは局所的に勝てても意味がない。負けないためには必然的にマンパワーが必要になる。
そのために必要なのが治療すべき患者の選別だった。

きっとチェルノブイリ周辺でも薬が足りなかったんだろう。
助からないものに使う薬。ましてやモルヒネなどなかったのだろう。
だから助かる見込みのない少女にモルヒネは与えられなかった。
かわいそう。なんでモルヒネをあげないんだ。そういうことは簡単に言える。
でも、他に助かる見込みがあるならそっちに回すべきだ。医者はそう判断したんだろう。
この少女の身に起きた悲劇が日本に起きないという保証はない。
そういう可能性もあるかな。。と漠然と考えてはいたけど、実際こういう出来事があったんだとしたらそれは日本でもやはり起こりうるんではないだろうか?
これから日本も大量のガン患者が発生するだろうしね。
助からない患者に使うモルヒネなんてなくなるかもしれん。

チェルノブイリのあとソ連は崩壊した。
その後チェルノブイリはウクライナとなった。
ウクライナとベラルーシは大量の小児ガンと甲状腺がんの子どもが発生した。
子どもたちの病気を防ぐためには一年あたり一人28ドルあれば防げた。
たった28ドル。今の日本円に直して年間2250円ほどだ。それだけで子どものガンが防げた。
けど、ウクライナもベラルーシもそれができなかった。
その他の医療費や、土壌汚染の除染作業だとか、食物の輸入だとかで財政が圧迫されたから。

日本は9年後に財政破綻するという報告がどこかの国のシンクタンクから出てた。
今回の震災は結局それを早めた。
財政破綻したら日本もたった28ドルを用意できない可能性は十分あるんじゃないだろうか?
そうしたらこの少女のような悲劇が日本を襲うかもしれない。
他人事だと思いたくないし、そういった悲劇を目の当たりにしたくないし、自分がそういう目にあいたくもない。
そのために今自分が出来る事を精一杯がんばろう。


そうそう。
広河隆一氏の最新刊『暴走する原発 チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと』(小学館刊)は5月22日発売予定らしい。
広河氏といえば2chでは危険厨の先鋒みたいなこと言われてるね。
でもちょっと興味があるからもしかしたら買うかも知れない。
まずは22日になったら立ち読みしてくる。

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Beat

Author:Beat
やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。

(^ω^)いいから自己紹介するお
(´・ω・`)うるせ。ぶち殺すぞ
(;^ω^)サーセン
(´・ω・`)まぁそういうわけで趣味はあんまりないんだわ。
      俺のこと知ってるやつばかりだろうから余計な説明省くわ
      テキーラサービスしてやるからくつろいでってくれ。
      俺は梅酒だけ飲んでるけど気にすんな

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。